人生

無駄

2016/10/16

製品を作っても売れないことを、不況だとか、経済が停滞しているだとか騒ぎ立てるのですが、無駄なものを沢山作って、消費意欲を駆り立てて、どんどん買わせて、ゴミばっかりが増えていくと言う、消費中心の社会は、もう既に終わっているのです。いかに無駄なことをやらずに、資源を有効に活用するかを考えなければなりません。

おしゃべりというものも、言葉の無駄遣いでしかないし、TV番組をただ垂れ流しているのも、時間の無駄遣いと言えるかもしれません。

日本語という言葉は、ひとつの言葉に多重の意味を持つと言う点においては、無駄のない言語であると言えます。一つ一つの言葉が持つ意味を深く理解することで、世界が変わってきます。

無駄をなくせばシンプルになります。
シンプルな仕組みでシンプルに生きることが必要な気がします。
本当に必要なことは、そんなに多くないのではないでしょうか。
愛を深め熟成させること。
生きている時間は限られているのです。
無駄なことは徹底して削ぎ落とし、本当に必要なことに焦点を合わせて集中して取り組む方が、実りある人生を送れるような気がします。

無駄な物。
無駄なお付き合い。
無駄なおしゃべり。
無駄な仕事。
無駄な出費。
世間体や見栄。

必要なものと不要なものを分けること。
無駄に埋もれて無駄な人生を送るのはもったいないではありませんか。

-人生