人生

自己責任

2016/10/16

自己責任とは、自分の人生に責任を持つことです。
自分で自分の人生をつくることです。
自分の物語の主人公となり、自分の物語を読み終えるのです。
そうして、人は神の子を卒業して人の子となるのです。

他人がひいた路線を走るものは、やがて中心軸を失い喪失感に陥るのです。
自分の人生を生きていないので、充たされない思いが充満してくるのです。
充たされない思いは、不平不満となり、他人への攻撃となるのです。

自分の人生の主人公になれない人は、他人の人生に関与しようとします。
自分の人生の主人公になれない人は、他人に責任転嫁しようとします。
自分の人生の主人公になれない人は、言い訳をし続けます。

何歳になっても、親が悪いと言い続ける人がいます。
その親を選んできたのは自分なのだということに気がつかないのです。
誰かに何かをしてもらいたいという人は、奴隷であることに気づかないのです。
そしてずっと誰かの奴隷でありつづけるのです。

自分の意識は、自分のボディの内側にあると感じるのですが、本当は、いったいどこにあるのでしょう。

スピリチュアルに関心を持つ人の多くは特殊な能力を求めます。
たとえ超能力を得られたとしても、自分の人生を生きていない人は、その力で滅びるかも知れません。
なぜならば、自己顕示欲や支配欲を満たすためにその力を使おうとするからです。
他人の人生に関与し、コントロールしようとし、闇に落ちていくのです。

自分の人生の主人公は自分であり、そこに自己責任という言葉があるのです。

-人生