人生

知の岩戸開き

2016/10/16

全てのものが、不確かで、今まで築いてきた、物質的価値観というものが一挙に崩れていこうとしています。確かな未来像を描くことができない不安な時代だからこそ、新しい概念が産み出されなければならないのです。

ヌーソロジー研究家の半田広宣氏は、人間型ゲシュタルトから変換人型ゲシュタルトへの転換ということを提言されています。難しい概念で、私も十分理解しているわけではありませんが、全てが物質で作らた宇宙の中にいる自分という立場から脱却し、主体としての自分の意識は、別次元にあるのだということに気づくことが大切だということを半田氏はおっしゃっていらっしゃるようです。

今まさに、人間の知性が、今までの枠組みを壊し、新しい人間へと生まれ変われるのかが問われている時です。私自身も、今の時代や世の中をどのように見つめていけばいいのか、ずいぶん葛藤しました。今まで自分を形作っていた観念や概念は、音を立てて崩れ去ってしまいました。右翼や左翼といった固定概念も吹き飛びました。一つ一つの思い込みを解除し、ありのままに見つめれるかどうかが問われてきます。

戦後70年が過ぎ、GHQの洗脳が解かれようとしているのが今なのです。本来持っていた日本人の良さを見直す動きも起こりつつあります。戦後アメリカの支配下に置かれた日本は、未だアメリカの属国から脱しているとはいいきれません。今一度、私たちの価値観が、本当に正しいのかどうか検討する時を迎えたようです。

-人生