健康

お茶とダイエット

2016/09/09

ルイボスティー

メタボ対策で最も頭を悩ませるのは、内臓脂肪をいかに減らすかと
いうことです。運動だけではなかなか落ちない内臓脂肪は毎日お茶
を飲んで、溶かしていくのが一番いい方法です。

ある日、うちの奥さんが、「このお茶飲んでみて」と持ってきたのが
ルイボスティーでした。甘くておいしいので継続して飲んでいたら、
ちょっとおなかが凹んできました。やはりダイエットに効果ある
ようです。

ルイボスティーは南アフリカ共和国のお茶で、現地ではで不老長者の
飲み物として飲まれていたと言われています。
ルイボスティーにはミネラルがとても多く含まれていて、SOD
(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)が豊富に含まれています。
これは活性酸素を抑えてくれる働きがあるようです。

作り方はやかんで煮込んだりするので、ちょっとめんどうなのですが、
それでも飲みやすいのと、元気になるのとで、ついついやみつきに
なってしまいます。ちょっとお値段的には高いのですが、ダイエット
効果は抜群です。

 

ルイボスティーの作り方

ルイボスティーは煮出して作ります。
煮出し方ですが、まず、大きめのやかんに水を入れ沸騰させます。
沸騰したら中火にし茶葉を入れ30分程度煮出します。
そして火を止めて自然に冷えるのを待ちます。
茶葉を入れたままにしておけばルイボスティーの成分がどんどん
でてきます。

毎日継続して飲むことで健康やダイエットに効果が期待できます。
たっぷり作っておくといつでもルイボスティーを飲むことができる
ので良いですね。
ルイボスティーにはティーバック方式のものもあります。
煮出した方が効果はあるのですが、面倒で続けられないという人
にはティパックをおすすめします。
ルイボスティーはストレートで飲んでも美味しいのですが、
砂糖や牛乳、ゆずやオレンジなどを加えても美味しくいただけます。

このように飲み方にアレンジを加えることで飽きることなく飲み続
けられるのではないでしょうか。
自宅で食事をとる機会が少ない人や、アルコールを好む人等ルイボス
ティーを飲むと体のために良いでしょう。

 

杜仲茶

健康診断で中年男性が一番気になるのが中性脂肪の数値です。
私も毎回中性脂肪の数値が高く悩んでましたが、杜仲茶を飲むよ
うになってから、数値が正常になりました。
杜仲茶には、血圧を緩やかに降下させる効果や中性脂肪を減らす
効果があるとされています。

漢方では、「人参」「鹿茸」「杜仲」が“三大名薬”とされて
いますが、健康維持のためには毎日飲むことをおすすめします。
杜仲茶はそれほどクセはないのですが、それでも最初
味やにおいに抵抗がある人もいるかもしれません。
でも慣れてくると、けっこうはまる味です。

いろんなタイプのものがありますが、ティーパックのものが
使いやすいでしょう。やかんに満たした水1?に、ティーパックを
入れて、沸騰したら弱火にして10~15分間位煮立てれば出来
上がりです。
ノン・カフェインなので小さい子供さんからお年寄りまでお飲み
頂けます。また就寝前に飲んでも一向に差し支えありません。

-健康