健康

アロマテラピーのエッセンシャルオイル

2016/09/08

エッセンシャルオイル

アロマテラピーではベースとなるオイルに精油を溶かして使います。
エッセンシャルオイルは日本語では精油と呼ばれます。
精油にはいろんな種類がありますが、主に植物から抽出しています。
植物の中でも、抽出される場所や抽出方法は異なり、花、葉、実
など香り成分が多く含まれている部分から抽出されます。

エッセンシャルオイルにはそれぞれ特有の有効成分が含有されて
いて、体と心に働きかけます。
何種類かの精油を組み合わせるのですが、その組み合わせ方に
より様々なバリエーションが広がります。
どの組み合わせがいいのかは日ごろから研究しておくとよいで
しょう。

精油は非常に強い香りをもち、空気中に放置すると蒸発し、
油によく溶けるという特徴を持っています。
精油の種類は数多くありますが、初心者向けでよく使われるのは
イランイラン、オレンジ、ジュニパー、ゼラニウム、ティーツリー、
ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー「、カモミール、
クラリセージ、サンダルウッド、ネロリ、フランキンセンス、
ベルガモット、レモングラス、ローズウッド等です。

 

エッセンシャルオイルの使い方

症状別の精油の使い方というのがあります。精油にはそれぞれ特徴
があり、リラックス効果のあるもの、殺菌作用のあるもの、元気が
でるものなど、症状によって使い分けることができます。
中年男性ですと、EDや、ストレス解消、肥満防止、育毛
発毛に効果があるもの等が興味ありますね。

この中でも特に異性を引きつける作用のあるものや、EDに効果のある精油をご紹介します。
これらの精油を使用してパートナーと共にマッサージしあったら、
パートナーとの関係も良くなることでしょう。

イランイラン:ホルモンバランスを整えて官能的にさせてくれます。
サンダルウッド:男性の汗に含まれるフェロモンに似た成分が含ま
れています。
ジャスミン: ホルモン分泌を整え、うっとりした気分にさせてくれ
ます。精神的な作用が高く、不安を和らげて落ち込みを回復。
ムード作りには最高の精油です。
パーチュリー: 抗うつ作用もあり、少量でも長持ち。
また、異性を引き付ける効果もあるのでムード作りにも効果抜群。

 

-健康